長居植物園のハス

大阪の長居公園内にある長居植物園にハスを見に行ってきました。 大池にたくさんのハスが咲いています。 きれいです。 かわいい。 清らかな心 とんぼちゃんもひと休み。(^-^) 一文字橋も虹色でいい感じ。 極楽浄土に咲く花 神聖 泥水の中からこんなにも美しい花を咲かせます。 園内案内 スイレンを見に行きます。 黄色とピンク色のスイレンが咲いていました。 子供たちも見に来ていました。 シロツメクサでいっぱいです。 暑いので日陰でこまめに水分補給しながら休みます。 風でこちら側に噴水の水しぶきが・・・(^-^; スズメちゃんたちも浴びています。 サギちゃん カモちゃんとカメちゃんもひと休み中。 そして最後はここでも出会えた白鳥ちゃん。(^^♪ ありがとうございました。

続きを読む

西国十番札所 京都 三室戸寺の蓮

三室戸寺にあじさいを見に行くと蓮の花も咲いていました。 きれいです。 ここは西国三十三所観音霊場第十番札所です。 トンボちゃんもひと休み・・・ 本堂 それぞれの願いや想いでいっぱいです。 手を合わせます。 蓮はこれからが楽しみですね。(^^♪

続きを読む

唐招提寺の蓮2014

奈良県奈良市五条町にある唐招提寺の蓮を見に行ってきました。 ここは南都六宗の一つである律宗の総本山です。 きれいです 花言葉は神聖、清らかな心 仏教では泥水の中から生じ清浄な美しい花を咲かせるハスの姿が 仏の智慧や慈悲の象徴とされています。 仏さまの台座に蓮の花が使われています。 金堂には我が国で最も古く大きな千手観音さまがおられます。 鑑真和上御廟へと続く道の苔 新しい生命が宿っています。 南大門

続きを読む

唐招提寺の蓮2010

蓮の花言葉は「神聖」「清らかな心」です。 授戒の儀式が行われる戒壇と蓮の花 ここは唐から日本に戒律を伝えた鑑真和上のお寺です。

続きを読む

喜光寺の蓮

蓮の寺として知られる喜光寺に行ってきました。 ここは唐招提寺、薬師寺とともに蓮街道とも呼ばれて いるところで、さまざまな種類の200鉢もの蓮が 見事に咲いていて、ひとつひとつの花や実が ほんとうにきれいで魅入られました。 境内には散在していた江戸時代に造られた47体の石仏が 並べられています。 喜光寺 (法相宗別格本山)  奈良県奈良市菅原町508  721年  行基菩薩により創建される       (旧本堂は行基が東大寺大仏殿造営にあたり       参考にしたという言い伝えがある) 748年  聖武天皇の行幸の際、ご本尊から不思議な光明が放たれ、       そのことを喜ばれた天皇により喜光寺と改名       (それまでは菅原寺と呼ばれていました。       この地は古くから菅原の里として知られ、菅原道真公の       誕生の地でもあります)        1499年 焼失 1544年 本堂再建(当初のご本尊は不明、現在は阿弥陀如来       (寄木造りで平安時代作)。       重層の本堂は薬師寺の東塔や金堂と同じように       裳階(もこし)をつけた本堂です。) 1995年 いろは写経道場建立 ありがとうございました。    

続きを読む

唐招提寺の蓮2006

759年、鑑真和上が仏の教えによって 多くの人々を救うため唐(中国)から日本への 渡航を目指して12年、5度にわたる苦難の末、 盲目となりながらも戒律を伝えたお寺 (律宗の総本山)が唐招提寺です。 蓮の花は鑑真和上が青蓮の実をもって 来日したことにはじまり今日に伝えられています。 境内は1995年の阪神大震災の影響で 現在金堂の解体修理に伴い2009年6月まで その全容をみることはできませんが、 その他の静寂の中に心が洗われました。 なお、北海道立近代美術館にて 6月24日(土)~8月20日(日)まで 国宝鑑真和上展が開催されています。 戒律とは仏教に帰依するものの守るべき生活の規範であり、 唐招提寺の戒律は「諸悪莫作、衆善奉行」 (もろもろの悪をなすなかれ、もろもろの善を行うべし) という戒めと同時に、自分で自分を抑制することです。 また、律宗では相手の立場に立って考えること(思いやり)が大事だと説いています。

続きを読む