丹生官省符神社の官省符祭と慈尊院2019

紅葉にはまだ早いので、官省符祭に行ってきました。 ここは和歌山県伊都郡九度山町慈尊院にある丹生神社です。神輿が祀られています。 道の駅柿の郷くどやまから歩いて行きました。 芝生はフカフカ。神社から太鼓の音が聞こえてきます。 まずは道の駅でごはんGET(^^♪ 富有柿は他の柿が苦手な私でも美味しく食べられます。だから日本一。 高野山町石道(矢立から大門までまだ歩けていないので、いつかチャレンジします。) 高野三山もあと一山残っています。 慈尊院に向けて歩いて行きます。 柿 稲 案内 太鼓の音がドンドン近くなってきました。 慈尊院に着きました。正面の石段を上がっていきます。 石段は119段あり鎮護国家、家門繁栄を暗示しています。 石段の途中にある180町石(高野山町石道のスタート地点) 和太鼓が気持ちいい音でドンドコドン演奏されています。 九度山真田太鼓保存会他 奉祝 龍がおられます。 手を合わせお参りします。 ありがとうございました。 慈尊院多宝塔 築地塀 道の駅へ戻ります。

続きを読む

慈尊院から高野山町石道を歩く(その8)

高野山 大門の紅葉です。 紀伊細川駅から矢立まで向かい、そこから高野山町石道を歩こうと考えていたのですが、 台風21号の影響で10月23日から高野下駅から高野山駅までの鉄道運休に伴い、 橋本駅から高野山駅までの直行バス代行輸送となり、今回は大門からの出発となりました。 復旧後に町石道の続きを歩きたいと思います。 慈尊院から高野山町石道を歩く(その4)へ よければ他の「高野山」へどうぞ。 山上はきれいな紅葉に包まれていました。 8町石 ここからゴールを目指します。 大門 大きな総門です。 赤い鳥居から女人道を通り、弁天岳(984.5m)を経て女人堂へ行くこともできます。 本来はここから登ってくる予定でしたが・・・(^-^; 鉄道代行バス くねくね道をゆっくりと上ってきます。 7町石 金剛峯寺まで1km 案内図 気温17.4度 およそ850mの山の上にいることを忘れそうです。 金剛力士像(左は吽形像、右は阿形像) 進む先に6町石が見えています。 門をくぐると バス停前に5町石が見えます。 壇上伽藍の根本大塔目指して進んでいきます。 お餅を作っていました。 おいしそうなのでお餅を買っちゃいました。 苗からの高野槙がありました。 4町石 お遍路さんのお礼参りでしょうか。 いろんな人生や生き方があるんですね。 2町石 ついに1町石まで来ました。 …

続きを読む

慈尊院から高野山町石道を歩く(その4)

慈尊院から高野山町石道を歩く(その3) からの続きです。 天野の里(白洲正子さんの著書「かくれ里」に出てくる場所です。) よければ「高野山」へどうぞ。 丹生都比売神社バス停から、まずは六本杉を目指して歩いていきます。 時刻表 電車の笠田駅からコミュニティバスでここまで来れます。 時刻表 期間と曜日限定ではありますが電車の橋本駅からバスでここまで来れます。 今回は丹生都比売神社に寄らずに進んでいきます。 「丹生都比売神社の睡蓮」へ ホオズキに出会いました。 右へ登っていきます。 すぐに山道に かたい岩の上を歩いていきます。 倒木をまたいで やがて左の道から六本杉に出ました。 二ツ鳥居へ向けて進んでいきます。 苔が スゴイです。 133町石 130町石 小都知ノ峯方向の案内もありました。 132町石 129町石 古峠 四ツ辻で右に下ると最短で丹生都比売神社へ戻れます。 左へ行くと上古沢駅へ 123町石 展望台から天野の里を望みます。 案内図 二ツ鳥居 不思議な鳥居です。 ここから丹生都比売神社へ1.4㎞で戻ることもできます。 道標 117町石 下っていきます。 白蛇の岩と鳥居 すでに神域に入っています。 113町石 下っていきます。 応其池(おうごいけ) …

続きを読む

慈尊院から高野山町石道を歩く(その3)

慈尊院から高野山町石道を歩く(その2) からの続きです。 1里石と144町石 光輝く高野山へ続く祈りの道です。 よければ「高野山」へどうぞ。 和泉山脈が見えてきました。 さらに上の道に進みます。 大門まで17㎞ 柿畑を抜け 山の道へ入り 159町石 背をかがめながら通り抜けます。 157町石 榧蒔石(かやまきいし) 銭壺石(ぜんつぼいし) 道標 蜘蛛の巣 156町石 ここにも栗が落ちています。 正一位稲荷宗五郎大明神の鳥居と祠 154町石 雨引山分岐 登っていきます。 光がとてもきれいです。 151町石 150町石 光に導かれ歩いていきます。 弘法大師像 手を合わせます。 142町石 道標 143町石 ホトトギスの花と出会いました。 141町石 138町石 キノコ 137町石 六本杉までもうすぐ 六本杉に到着しましたぁ。 ここで少し休憩します。 案内図 慈尊院からここまで 180町石から136町石まで44町×(1町約109m)=4796m歩きました。 ここから天野の里にある丹生都比売神社へ下ります。 まだまだ先は長いです。 つづく・・・

続きを読む

慈尊院から高野山町石道を歩く(その2)

慈尊院から高野山町石道を歩く(その1)からの続きです。 柿の木と164町石 よければ「高野山」へどうぞ。 案内板 地図の赤い道を上から下へ壇上伽藍を目指して歩いていきます。 新池橋の道路を横切り、173町石から進みます。 ここでも彼岸花と出会いました。 竹林の中を歩きます。 172町石 薄暗い場所です。 171町石 170町石 明るく開けた場所に出ました。 ホッとします。(*^-^*) さらに柿畑の中をどんどん登りながら進みます。 秋ですねぇ~(^-^) おいしそうです。 展望台が見えましたぁ。(*^^*) (中央の電柱と電柱の間の屋根のところ) 山々が見渡せます。風がとおり気持ちいいです。 (左が金剛山、右が国城山(552m)) 左から岩湧山(897.7m)、三石山(738.6m)、金剛山(1125.3m)が見えます。 ここで少し休憩します。チャージ・・・ 案内図 休憩後、六本杉を目指して歩いていきます。 少しづつ自分のペースで登っていきます。 花が咲いていました。 無人販売所 柿の収穫作業をされています。 次の町石が見えてきました。 163町石 中央の送電線のてっぺんから少し右のこぶのところに弁天岳(984.5m)が見えます。 そのすぐ左下に高野山駅が・・・ 弁天岳は高野山女人道(大門から女人堂までの道のり)にあります。 目指す高野…

続きを読む