四国遍路 第38番札所 金剛福寺

40番札所から車で2時間ほど行くと四国遍路八十八ヶ所の第38番札所の金剛福寺があります。 今回1泊2日車遍路(昨年12月初旬)での区切り打ち最後の札所となります。 (仕事と家のことでUPが大幅に遅れています。) ここは補陀落渡海の霊地とされ、熊野那智山、室戸岬とともに知られています。 一礼して中に入ります。 四国遍路へ 高野山へ 阿形 吽形 手水舎で身を清めます。 修行大師と大師亀 池には鯉ちゃんズ 本堂 ローソクを立て お線香を3本あげます。 納札、お賽銭の後に合掌礼拝、読経を行います。 本堂を囲む仏像 大きな石がたくさん 鐘楼 西国三十三所巡礼 大師堂 本堂と同様に行います。 大師様 納経をいただきます。 蹉跎山補陀洛院 真言宗豊山派 御本尊 三面千手観音菩薩 いろいろありますが無事にここまで来れました。(感謝) 今回も1泊2日の車遍路でしたが大阪からの距離が次第に遠くになり、 帰宅したのはとうとう深夜となりました。(出発はいつも深夜ですが・・・(^-^;) これからも未来に向かって進み続けます。 第39番札所 延光寺へ 四国遍路へ 高野山へ 第1番札所 霊山寺へ 第37番札所 岩本寺へ

続きを読む

四国遍路 第40番札所 観自在寺

どうか世界が平和でありますように・・・。 アルファベットのCみたいな雲と月 月 ここは愛媛県南宇和郡愛南町にある四国遍路八十八ヶ所の第40番札所の観自在寺です。 昨日は宿毛に宿泊し、本日は40番札所と38番札所を車遍路で巡礼します。 観自在寺について 仁王門 阿形 吽形 一礼して中に入ります。 鐘を突きます。 宝聚殿八角堂 進みます。 八体仏十二支守り本尊 栄かえる 本堂 ローソクを立てお線香を3本あげます。 納札、お賽銭の後に合掌礼拝、読経を行います。 続いて大師堂へ向かいます。 観自在菩薩 大師堂でも本堂と同様に行います。 五鈷杵 三鈷杵 独鈷杵 本堂にある納経所へ向かいます。 月が見えています。 平城山薬師院 真言宗大覚寺派 御本尊 薬師如来 猫ちゃん 次は38番札所を目指します。 四国遍路へ 高野山へ 第1番札所 霊山寺へ 第39番札所 延光寺へ

続きを読む

四国遍路 第39番札所 延光寺

37番札所から車で75分ほど行くと四国遍路八十八ヶ所の第39番札所の延光寺があります。 カーナビの地図が最新ではないため、国道56号線の中村宿毛道路 平田ICで降りるところを終点まで進んでしまいました。(^-^; 国道56号線の下道で折り返し寺を目指しますが、さらに曲がり道で間違いました。 疲れが出てきて判断力が鈍っています・・・。 駐車場に着くと、軽トラに木製の小屋を積んだキャンピングカーが止まっていました。 自作ならすごいです! 四国遍路へ 高野山へ 今回の車遍路では37番から40番札所を巡礼しています。 仁王門 阿形 吽形 ここでも紅葉と出会えました。 手水舎 延光寺について 大赤亀 鐘を突きます。 疲れで力加減を調整できずかなり大きな音が響きました。。。 本堂 ローソクを立てお線香を3本あげます。 納札、お賽銭の後に合掌礼拝、読経を行います。 新西国霊場本尊奉安所 大師堂でも本堂と同様に行います。 地元の子供たち3人がお寺の境内で楽しそうに遊んでいます。 鯉ちゃん 納経をいただきます。 赤亀山寺山院 真言宗智山派 御本尊 薬師如来 本日はここまでで宿毛の宿泊所に向かいます。 運が良ければだるま夕日が見れると思います。 第40番札所 観自在寺へ 四国遍路へ 高野山へ 第1番札所 霊山寺へ 第38番札所 金剛福寺へ

続きを読む

四国遍路 第37番札所 岩本寺

ここは高知県高岡郡四万十町にある四国遍路八十八ヶ所の第37番札所の岩本寺です。 今回は37番札所から40番札所まで1泊2日の車遍路で巡礼します。 かつて2010年秋に当寺を訪ねていましたが、 まさか10年後に自分が遍路をするとは思ってもいませんでした。(^-^) 四国遍路へ 高野山へ 仁王門前の石段に英語が書いてあります。 岩本寺について 戒めます。 一礼して中に入ります。 阿形 吽形 邪気を払ってくれます。 仁王門に楽しい絵 気持ちが明るくなります。 絵の作者 手水舎 身を清めます。 修行大師 参道にはカラフルな石畳みが 鐘を突きます。 仁王門から若い外国人女性遍路の方が1名来られました。 他の年配の男性遍路の方が英語で話しかけると日本語で答えていました。 本堂 ローソクを立てお線香を3本あげます。 納札、お賽銭の後に合掌礼拝、読経を行います。 御本尊が5体 お守りしてくれます。 阿弥陀如来 観音菩薩 不動明王 薬師如来 地蔵菩薩 天井には再建時に全国から集まった575枚の絵 宿坊 大師堂でも本堂と同様に行います。 聖天堂 納経をいただきます。 藤井山五智院 真言宗智山派  御本尊 阿弥陀如来 観音菩薩 不動明王 薬師如来 地蔵菩薩 仁王門で一礼して外に出ます。 駐輪場 門前 次は38番札所と言いたいところですが、 宿泊所の関係も…

続きを読む

四国遍路 第33番札所 雪蹊寺

32番札所から車で20分ほど行くと四国遍路八十八ヶ所の第33番札所の雪蹊寺があります。 11月の1泊2日車遍路区切り打ち巡礼の最後のお寺となります。 四国遍路へ 高野山へ 人生即遍路 山頭火 駐車場で車を止めて写真を撮っていると、 先ほど32番札所で御一緒だった老夫婦と娘さんが来られました。 しかし、お父様が金剛杖を前の札所に忘れてきたらしく、すぐに戻っていかれました。 山門 一礼して中に入ります。 雪渓寺について 太玄塔 鐘楼 本堂 ローソクを立てお線香を3本あげます。 納札、お賽銭の後に合掌礼拝、読経を行います。 大師堂でも本堂と同様に行います。 観音堂 正一位稲荷大明神 安産子安地蔵 長宗我部信親公墓所 納経をいただきます。 高福山 臨済宗妙心寺派 御本尊 薬師如来 続いて隣の秦神社へ 秦神社について いろいろありますが無事にここまで来れました。(感謝) 次は12月の区切り打ちです。 (仕事と家のことでUPが大幅に遅れています) ありがとうございました。 第34番札所 種間寺へ 四国遍路へ 高野山へ 第1番札所 霊山寺へ 第32番札所 禅師峰寺へ

続きを読む

四国遍路 第32番札所 禅師峰寺

31番札所から車で20分ほど行くと四国遍路八十八ヶ所の第32番札所の禅師峰寺があります。 四国遍路へ 高野山へ 駐車場から土佐湾が見えます。 車が4台止まっています。 十一面観世音菩薩 階段を登っていきます。 ポン菓子を2つ購入しました。 身を清めます。 不動明王 禅師峰寺について 仁王門 一礼して中に入ります。 阿形 吽形 岩に特徴があるお寺です。 14番札所の常楽寺を思い出します。 たくさんの石仏に囲まれています。 干満岩 岩のくぼみの水の水位が潮の満ち引きによって変わる不思議な岩 鐘楼 鐘を突きます。 先に老夫婦がゆっくりと鐘を突いておられます。ゴォ~ン 人により、突く強弱などにより鐘の音が全く違う音を奏でます。 音が響くよう鐘の真下に穴があります。 竹林寺にもありました。 本堂には竹林寺でお会いした歩き遍路の若い男性の方がおられました。 私はゆっくりお遍路なので、お寺でいろいろしているうちに 途中や次のお寺で出会うこともあります。 ローソクを立てお線香を3本あげます。 納札、お賽銭の後に合掌礼拝、読経を行います。 御本尊 十一面観音菩薩 大師堂 本堂と同様に行います。 南無大師遍照金剛 阿弥陀堂 地蔵堂 標高82mの峰山から浦戸湾、桂浜を望みます。 ここは海上の安全祈願のお寺です。 納経を…

続きを読む

四国遍路 第31番札所 竹林寺

1泊2日の車遍路での区切り打ちをしています。 今回は30番札所の善楽寺から36番札所の青龍寺までを巡礼します。 昨日は高知市内に宿泊し、本日はここ31番札所の竹林寺からのスタートです。 四国遍路へ 高野山へ ここは五台山公園と一体となっており、たくさんの方が来られています。 右に名勝庭園があります。左へ進みます。 虚空蔵菩薩堂 鐘楼堂 鐘を突きます。ゴォ~ン、いい音です。 仁王門 阿形 吽形 一礼して中に入ります。 紅葉や緑や苔がきれいです。 日吉神社 五台山の鎮守社 根桜と五台山ミニ八十八ヶ所 手水舎 本堂 ローソクを立てお線香を3本あげます。 納札、お賽銭の後に合掌礼拝、読経を行います。 善財童子と五智如来 大師堂と五重塔 大師堂でも本堂と同様に行います。 納経をいただきます。 五台山金色院 真言宗智山派 御本尊 文殊菩薩 次は竹林寺書院の名勝庭園へ向かいます。 第32番札所 禅師峰寺へ 四国遍路へ 高野山へ 第1番札所 霊山寺へ 第30番札所 善楽寺へ

続きを読む

四国遍路 第30番札所 善楽寺と土佐一ノ宮 土佐神社

34番札所から車で30分ほど行くと四国遍路八十八ヶ所の第30番札所の善楽寺があります。 今回の1泊2日の車遍路での巡礼は、 朝一に車遍路最大難所である35番札所清瀧寺に着くためと、 高知市内の宿泊先の関係からこのような順番となっています。 本日、最後のお寺です。 駐車場には36番札所の青龍寺で出会った方々(5組)と再会しました。 地蔵堂 コロナ禍 収束祈願 あまびえ地蔵さま 四国遍路へ 高野山へ 十一面観世音菩薩 身を清めます。 梅見地蔵と子安地蔵堂 本堂 ローソクを立てお線香を3本あげます。 納札、お賽銭の後に合掌礼拝、読経を行います。 大師堂でも本堂と同様に行います。 納経をいただきます。 百々山東明院 真言宗豊山派 御本尊 阿弥陀如来 続いて土佐神社にお参りします。 土佐神社由緒 鼓楼 拝殿 境内 絵馬殿 輪抜祓所 つぶて石 神明宮 幹周り8m 大楠 摂社 厳島神社 明日は31番札所の竹林寺を目指します。 第31番札所 竹林寺へ 四国遍路へ 高野山へ 第1番札所 霊山寺へ 第29番札所 国分寺へ

続きを読む

四国遍路 第34番札所 種間寺

36番札所から車で25分ほど行くと四国遍路八十八ヶ所の第34番札所の種間寺があります。 今回の1泊2日の車遍路での巡礼は、 朝一に車遍路最大難所である35番札所清瀧寺に着くためと、 高知市内の宿泊先の関係からこのような順番となっています。 子育観音と底抜け柄杓 四国遍路へ 高野山へ 安産にご利益があります。 大師様 しだれ赤松 本堂でローソクを立てお線香を3本あげます。 納札、お賽銭の後に合掌礼拝、読経を行います。 ここは真言宗豊山派のお寺です。 祈願の道 大師堂 本堂と同様に行います。 納経をいただきます。 本尾山朱雀院 真言宗豊山派 御本尊 薬師如来 次は今日最後のお寺の30番札所を目指します。 今回の1泊2日の車遍路での巡礼は、 朝一に車遍路最大難所である35番札所清瀧寺に着くためと、 高知市内の宿泊先の関係からこのような順番となっています。 第35番札所 清瀧寺へ 四国遍路へ 高野山へ 第1番札所 霊山寺へ 第33番札所 雪渓寺へ

続きを読む

四国遍路 第36番札所 青龍寺

35番札所から車で25分ほど行くと四国遍路八十八ヶ所の第36番札所の青龍寺があります。 駐車場にはたくさんの方が来られています。 観光バスの方々は途中の大きな駐車場にバスを止めて そこからワゴン車に乗り換えてこられていました。 また、お遍路の方以外の参拝も多いお寺でした。 四国遍路へ 高野山へ 青龍寺について 聖域に入ります。 三重塔 仁王門 阿形 吽形 一礼して中に入ります。 空気感が一気に変わるのを感じます。 行場があります。 手水舎で身を清めます。 進んでいきます。 本堂 ローソクを立てお線香を3本あげます。 納札、お賽銭の後に合掌礼拝、読経を行います。 ローソクを立てない方も多い中、この光の数。 大師堂でも本堂と同様に行います。 大師堂 白山大権現 下山します。 仁王門で一礼します。 納経をいただきます。 独鈷山伊舎那院 真言宗豊山派 御本尊 波切不動明王 次は34番札所を目指します。 今回の1泊2日の車遍路での巡礼は、 朝一に車遍路最大難所である35番札所清瀧寺に着くためと、 高知市内の宿泊先の関係からこのような順番となっています。 第37番札所 岩本寺へ 四国遍路へ 高野山へ 第1番札所 霊山寺へ 第35番札所 清瀧寺へ

続きを読む

四国遍路 第35番札所 清瀧寺

ここは高知県土佐市高岡町にある四国遍路八十八ヶ所の第35番札所の清瀧寺です。 今回は30番札所から36番札所まで1泊2日の車遍路で巡礼します。 35番札所は車遍路の最大難所なので、朝一番に着くようにしました。 四国遍路へ 高野山へ ここからのおよそ1kmが難所です。 右上に紅葉の清瀧寺が見えます。 なんとか7時10分に対向車もなく境内に駐車できました。(ふぅ~) すでに1台車が駐車されていて、1人の年配の男性の方が本堂でお参りされていました。 階段下の仁王門からお参りします。 石仏 一礼して中に入ります。 阿形 吽形 蛟竜図 山門の天井画の龍は珍しいのではないでしょうか 階段を登ります。 境内にはさらに車が3台いました。 帰りは対向車に会いそうです。(^-^; 案内図 境内から朝日に照らされた仁淀川と山の向こうに土佐湾が見えます。 琴平神社 神仏習合の場所です。 身を清めます。 お参りします。 本殿 振り返ると朝日と紅葉がきれいでした。 手水舎 鐘楼 本堂 ローソクを立てお線香を3本あげます。 納札、お賽銭の後に合掌礼拝、読経を行います。 十二支の方角盤 本堂奥の滝を撮り忘れました。(>_<) 大師堂 本堂と同様に行います。 地蔵尊 観音堂 観音像 薬師如来像の下の戒壇巡りへ 入…

続きを読む

四国遍路 第29番札所 国分寺

28番札所から車で30分ほど行くと四国遍路八十八ヶ所の第29番札所の国分寺があります。 10月の1泊2日車遍路での区切り打ちの巡礼もようやく最後になりました。 なぜだかホッとします。。。 心を静めてお参りします。 四国遍路へ 高野山へ 阿形 吽形 一礼して中に入ります。 手水舎 鐘楼 土佐国分寺について 聖武天皇の勅命により、国分寺は各県に1ヶ所あります。 開山堂 御本尊 行基菩薩 金堂でローソクを立てお線香を3本あげます。 納札、お賽銭の後に合掌礼拝、読経を行います。 酒断地蔵尊 大師堂でも本堂と同様に行います。 光明殿 客殿 納経をいただきます。 摩尼山 宝蔵院 真言宗智山派 御本尊 千手観音菩薩 いろいろありますが無事にここまで来れました。(感謝) 今回も1泊2日の車遍路といえどもさすがにパワーがいりました。 やはり体力が必要です。日ごろから鍛えておかねば・・・。(^-^; お遍路には特別な何かがあります。 上手くは言えませんが、私自身の実感として、 前を向いて再生(リスタート、リセット)するという仕組みがあるみたいです。 いつも元気になります。(^-^) 次は11月の区切り打ちです。 (仕事と家のことでUPが大幅に遅れています) ありがとうございました。 第30番札所 善楽寺へ 四国遍路へ 高野山へ 第1番札所 霊山寺へ 第…

続きを読む

四国遍路 第28番札所 大日寺

27番札所から車で60分ほど行くと四国遍路八十八ヶ所の第28番札所の大日寺があります。 駐車場には2台車が止まっていました。 遅いお昼はお参りを済ませてからいただきます。 四国遍路へ 高野山へ 山門 大日寺について 一礼して中に入ります。 身を清めます。 こんなご時世なので水が出ないかもと思いましたが、自動でお水が出ました。 鐘を突きます。ふぅ~、 遍路旅2日目の疲れがボチボチ出てきました。 本堂でローソクを立てお線香を3本あげます。 続いて納札、お賽銭の後に合掌礼拝、読経を行います。 大師堂でも本堂と同様に行います。 地蔵堂 納経所 奥の院に行くことを忘れていました。(>_<) 法界山高照院 真言宗智山派 御本尊 大日如来 車内に戻り、道の駅「田野駅屋」で購入したおにぎりと焼き鳥串をいただきます。 その間に先ほどの27番札所で出会った軽トラのキャンピングカーの御夫婦がやってきました。 少し休憩してから、いよいよ今回最後の29番札所を目指します。 第29番札所 国分寺へ 四国遍路へ 高野山へ 第1番札所 霊山寺へ 第27番札所 神峯寺へ

続きを読む

四国遍路 第27番札所 神峯寺

1泊2日の車遍路での区切り打ちをしています。 今回は24番札所の最御崎寺から29番札所の国分寺までを巡礼します。 昨日は奈半利に宿泊し、本日はここ27番札所の神峯寺からのスタートです。 四国遍路へ 高野山へ 仁王門 山が静寂に満ちています。 神峯寺について 駐車場に着くと車が5台止まっていました。 そのうちの2台は軽トラのキャンピングカーでした。 神峯のみち 皆さん全国いろんな所から来られています。 一礼して中に入ります。 阿形 吽形 空と海の展望公園と神峯神社にも行きたかったのですが、 この後の時間が許さずでした。(T_T) 土佐の関所寺にお参りします。 手水舎で身を清めます。 土佐の名水 神峯の水 おいしかったです。 階段の反対側には小さい鯉ちゃんがいました。 鐘を突きます。ゴォ~ン、山にいい音が響きます。 本堂を目指します。 非常にきれいに手入れされています。 さらに登ると 空と海が見えました。 上にはみちびき弘法大師がおられます。 非常に静かです。 かすかな風音、鳥の声、虫の声・・・。 心が静かに穏やかになります。 弘法大師曰く 経堂 仏足跡 本堂 ローソクを立てお線香を3本あげます。 納札、お賽銭の後に合掌礼拝、読経を行います。 御本尊は秘仏 十一面観音菩薩 不動明王 大師堂へ向かいます。 六地蔵 …

続きを読む

四国遍路 第26番札所 金剛頂寺

25番札所から車で15分ほど行くと四国遍路八十八ヶ所の第26番札所の金剛頂寺があります。 西寺とも呼ばれています。 四国遍路へ 高野山へ 厄坂を登ります。 仁王門 金剛頂寺について 阿形 吽形 一礼して中に入ります。 手水場で身を清めます。 以前はこのような情景を当たり前に見ることができたのですが・・・。 時代の変化に自分も対応していかなければいけません。 鐘を突きます。ゴォ~ンといい音です。 鐘の音はお寺ごとや鐘を突く強さでずいぶんと違います。 本堂でローソクを立てお線香を3本あげます。 すごい龍が 納札、お賽銭の後に合掌礼拝、読経を行います。 一粒万倍の釜 がん封じの椿 大師堂でも本堂と同様に行います。 龍からの炎のように思えます。 大師堂 納経所で納経をいただきます。 龍頭山光明院 真言宗豊山派 御本尊 薬師如来 本日はここまでで奈半利に宿泊します。 途中、海岸線の夕日がとてもきれいでしたが、 さすがの疲れと睡魔との戦いで一刻も早く宿に着くために撮影には至りませんでした。 明日は27番札所から29番札所まで目指します。 第27番札所 神峯寺へ 四国遍路へ 高野山へ 第1番札所 霊山寺へ 第25番札所 津照寺へ

続きを読む

四国遍路 第25番札所 津照寺

24番札所から車で15分ほど行くと四国遍路八十八ヶ所の第25番札所の津照寺があります。 室津港を見下ろす山上にあり、海上交通を守る楫取り地蔵を本尊としています。 港町のお寺という感じがします。 四国遍路へ 高野山へ 駐車場は少し離れた港の広場にあります。 参道 津寺とも呼ばれています。 次の26番札所の西寺(金剛頂寺)への道しるべもあります。 山門で一礼して中に入ります。 鐘楼門へ向けて階段を登ります。 津照寺について 鐘楼門の中に入ります。 室津港と太平洋が見えます。 鐘を突きます。 動画を撮りながらお遍路している若い男性の方がいました。 ふぅ~、さらに階段を登り、本堂へ ローソクを立てお線香を3本あげます。 納札、お賽銭の後に合掌礼拝、読経を行います。 山の上で海が見えてすがすがしい気分です。 階段を下まで降りたら大師堂と納経所があります。 大師堂でも本堂と同様に行います。 納経をいただきます。 宝珠山真言院 真言宗豊山派 御本尊 延命地蔵菩薩 ネコちゃん 室津港 室津港について 案内図 前に車が駐車していて、よい角度で撮ることができず・・・ でも、載せておきます。 次は26番札所を目指します。 第26番札所 金剛頂寺へ 四国遍路へ 高野山へ 第1番札所 霊山寺へ 第24番札所 最御崎寺へ

続きを読む

四国遍路 第24番札所 最御崎寺

ここは高知県室戸市室戸岬町にある四国遍路八十八ヶ所の第24番札所の最御崎寺です。 今回はここ24番札所から29番札所まで1泊2日の車遍路で巡礼します。 前回の反省から鳴門ICを降りて国道11号は朝の通勤ラッシュ前までに通過しないと クタクタになるので、まずはそれまでに通過して23番札所すぐ近くの 道の駅「日和佐」を目指しました。 それから、道中の駅や列車やバスや海岸などを旅しながらここまでやってきました。 近畿、関東、北海道ナンバーの車と観光バスが1台いました。 四国遍路へ 高野山へ 駐車場に車を止めるとすぐにお迎え大師がおられます。 ここは東寺とも呼ばれています。 宿坊があります。 順路のとおり進んでいきます。 道中すれ違いの方と挨拶します。 いろんな思いで来られている方々。次の札所で出会ったり、出会わなかったり・・・。 宿泊が同じ場所であったり、なかったり・・・。 一期一会 いろんなことを感じます。 この先に室戸岬灯台があります。 きれいなチョウ 山門 右手に国道55号に繋がる遍路道があります。 台風の影響で9月26日から室戸岬灯台手前の山の斜面が崩れており、 通行の安全が確保できないため、現在立入りが禁止されています。(>_<) 灯台と第一等レンズを見るのを楽しみにしていたのですが・・・。 仁王門 一礼して中に入ります。 阿形 吽形 仁王門内側 阿形 仁王門内側 吽形 …

続きを読む

高知 室戸岬 月見ヶ浜

ここは高知県室戸市にある室戸岬の月見ヶ浜です。 四国八十八ヶ所の車遍路での区切り打ちをしています。 ついに念願の室戸岬までやってきましたぁ。(^^)v 天候と仕事の休暇が合わず、なかなかいけそうでいけない場所でした。 浄土ヶ浜に似ているような・・・ まさに西の補陀落(観音菩薩が住む浄土) 熊野の補陀落渡海を思い出します。 海岸に咲く花に癒されます。 山の左上に室戸岬灯台が見えます。 海の難所 自然を感じる場所です。 案内図

続きを読む

四国遍路 四国八十八ヶ所巡礼の旅

こんな時代だからこそ、自分の心と体に必要な旅があります。 何かを見失いそうになった時、心が折れそうになった時、誰かに救いを求めたい時etc. そんな時こそ巡礼です! 私も今までお寺や神社、神様や仏様、花や自然の見えざるものにずいぶん救われ 生かされてきました。 今回も感謝を込めて24番札所から29番札所まで1泊2日の車遍路で巡礼します。 四国遍路へ 高野山へ まずは大阪から深夜に高速道路を使い、鳴門ICから国道55号線を南下し、 23番札所のある薬王寺すぐそばの 道の駅「日和佐」に朝到着しました。 朝は阪神高速3号神戸線と徳島市内の国道11号線が混雑するので、 深夜の運転となりますが、これも修行のうちです。 駐車場にはお遍路と思われる車中泊の方々がおられました。 薬王寺の瓦の葺き替えも終わっているように見えます。 23番札所 薬王寺へ 道の駅に併設のJR日和佐駅に行きます。 前回6月はここ「海亀の来る町」日和佐に宿泊しました。 駅前から見える日和佐城 四国自然歩道 駅舎に入ります。 登山客を含め4人が列車を待っておられます。 この先にある阿佐海岸鉄道は、2020年度内にDMV(デュアル・モード・ビーグル) =線路と道路の両方を走れる新しい乗り物=での世界初の営業運行を目指しています。 運賃と時刻表 *7月18日からDMV導入に伴う工事のため、牟岐駅~海部駅間は代行バス輸送となっています。 牟岐行の列車がき…

続きを読む

四国遍路 第22番札所 平等寺

21番札所から車で25分ほど行くと四国遍路八十八ヶ所の第22番札所の平等寺があります。 今回最後のお寺は歴史的に海外との交流もあり、 とても開かれたOPENな素敵な印象を受けました。 人々のこころとからだの病を平等に救済するお寺です。 四国遍路へ 高野山へ 貸自転車が置かれています。 いつか車中泊で自転車も積める車にして、その地域を自転車でゆっくり散策したい。 自分の生まれた国である日本をもっと知りたい。 一礼して中に入ります。 阿形 吽形 霊水 鐘を突き 本堂へ進みます。 ローソクを立てお線香を3本あげます。 薬師如来がきちんと見えます。 趣があります。 納札、お賽銭の後に合掌礼拝、読経を行います。 年々、お寺にお参りしても仏様にお会いしてきちんと拝めない状況が増えつつある中、 非常にありがたいお寺です。(感謝) 薬師如来 天井画 お大師さまが寝ているように見えます。 護摩堂 大師堂でも本堂と同様に行います。 今回、平等寺が最後のお寺で良かったです。 本当にありがとうございました。 第23番札所 薬王寺へ 四国遍路へ 高野山へ 第1番札所 霊山寺へ 第21番札所 太龍寺へ

続きを読む

四国遍路 第21番札所 太龍寺

宿泊所の近くの23番札所から車で35分ほど行くと、 四国遍路第21番札所へ行く太龍寺ロープウェイがあります。 今回の1泊2日の車遍路では宿泊所と21番札所の太龍寺を 丁寧に巡礼したいとの関係からこうなりました。 四国遍路へ 高野山へ 道の駅「鷲の里」に車を止めて、ロープウェイに乗ります。 山頂の「太龍寺駅」が見えます。 ロープウェイの方々がとても親切でした。 人々の温かみに触れることができました。 本堂 御廟の橋 大師堂 御廟 本坊の花 舎心ヶ嶽 次は22番札所を目指します。 四国遍路へ 高野山へ 第1番札所 霊山寺へ 第20番札所 鶴林寺へ

続きを読む

四国遍路 第23番札所 薬王寺

20番札所から車で50分ほど行くと四国遍路第23番札所の薬王寺があります。 今回の1泊2日の車遍路では宿泊所と21番札所の太龍寺を丁寧に巡礼したいとの関係から 本日、最後の札所となります。 四国遍路へ 高野山へ 薬王寺案内図 ここは薬王寺温泉と宿坊のあるお寺です。 駐車場に車を止めて、歩いて行きます。 瓦の葺き替えをされています。 新しい瓦 案内図 仁王門で一礼して中に入ります。 弘法大師厄除御祈願所 阿形 吽形 女厄坂33段を登ります。 空海の風景 大香炉と石臼 鐘楼堂 四国遍路を世界遺産に へんろ修行 続いて男厄坂42段を登ります。 本堂でローソクを立てお線香を3本あげます。 納札、お賽銭の後に合掌礼拝、読経を行います。 ここで少し休みます。はぁ、はぁ・・・。 自分の呼吸を感じます。生きてる生命の実感がわいてきます。 暑さと熱中症対策でアクエリアス、ポカリスエット、OS-1が欠かせません。 発汗してトイレも行かないくらいです。 瑜祇塔(ゆぎとう)へ向かいます。 霊牌堂 瑜祇塔の中に入りお参りします。 日和佐の風景 大師堂でも本堂と同様に行います。 地蔵堂 大楠 納経所へ向かいます。 職人さんが瓦の葺き替え中です。 取り外した瓦 平等寺案内図 明日、向かいます。 納経をいただきま…

続きを読む

四国遍路 第20番札所 鶴林寺

19番札所から車で30分ほど行くと四国遍路八十八ヶ所の第20番札所の鶴林寺があります。 途中、道の駅「ひなの里かつうら」で コシのあるイカ天うどんといなり寿司をいただきました。 すごく安くておいしかったです。 かつて、こんぴらさんのお参りに生醤油で食べたうどんを思い出しました。 話を戻すと、標高550メートルにあるので、車で山道をかなりグネグネと登っていきます。 ようやく駐車場に車を止めて、少し休んで落ち着いてから歩いて行きます。 四国遍路へ 高野山へ 仁王門 一礼して中に入ります。 ここは2羽の鶴に守られた札所です。 六角堂 苔がきれいです。 巨木 忠霊塔 手水舎で身を清めます。 2丁石 南北朝時代の丁石で現在11基残っています。 昔の道しるべが今に残されています。 遍路道マップ 四国のみちについて 四国のみち案内図 椅子はありがたいのですが、この時期は暑くて日陰でないと休めません。(>_<) 普段の生活のありがたみを感じます。 護摩堂 まずは本堂へ進んでいきます。 登りやすい石段です。 だんだん見えてきました。 雄雌2羽の鶴 本堂でローソクを立てお線香を3本あげます。 納札、お賽銭の後に合掌礼拝、読経を行います。 三重塔 延命地蔵尊 大師堂でも本堂と同様に行います。 次の太龍寺を時間…

続きを読む

四国遍路 第19番札所 立江寺

18番札所から車で10分ほど行くと四国遍路八十八ヶ所の第19番札所の立江寺があります。 ここは宿坊があるお寺で、八十八ヶ所に4つある最初の関所寺です。 四国遍路へ 高野山へ 山門で一礼して中に入ります。 阿形と大わらじ 吽形と大わらじ 立江寺略縁起 手水場で身を清めます。 地域の地元の女性2名が世間話をしていたり、 本堂で椅子に座って涼んでいる年配の男性の方がいました。 鐘楼 本堂 空気が汚れているので空が真っ白です。(>_<) 本堂でローソクを立てお線香を3本あげます。 納札、お賽銭の後に合掌礼拝、読経を行います。 天井画 多宝塔 大師堂 続いて大師堂でも本堂と同様に行います。 納経を頂いた後、暑いので水分補給しながら本堂の椅子で休ませてもらいます。 奥之院もありますが、次回にします。 次は20番札所を目指します。 第20番札所 鶴林寺へ 今までのお遍路へ 第1番札所 霊山寺へ 第18番札所 恩山寺へ

続きを読む

四国遍路 第18番札所 恩山寺

ここは徳島県小松島市田野町にある四国遍路八十八ヶ所の第18番札所の恩山寺です。 今回は18番札所から23番札所まで1泊2日の車遍路で巡礼します。 鳴門ICから朝の通勤ラッシュの国道11号を南下してクタクタになりながら渋滞を抜け、セブンイレブンで休憩してから到着します。 四国遍路へ 高野山へ 一礼して山門に入ります。 大師が植えたというビランジュの木が出迎えてくれます。 ビランジュについて 駐車場に車を止めるときれいな紫陽花が咲いていました。 坂道を登りながら歩いて行きます。 歩き遍路の方と車遍路の方が先におられました。 ここにもきれいな紫陽花が咲いています。 久しぶりにカタツムリちゃんにも出会えました。 修行大師 弘法大師の母公ゆかりのお寺です。 境内にはツツジも咲いています。 手水場で身を清めます。 ゴォ~ンと鐘を突きます。 身が引き締まります。 本堂へ向かいます。 本堂でローソクを立てお線香を3本あげます。 納札、お賽銭の後に合掌礼拝、読経を行います。 おん ころころ せんだり まとうぎ そわか 大師堂でも本堂と同様に行います。 南無大師遍照金剛 地蔵菩薩坐像と千体地蔵立像 釈迦の十大弟子像 19番札所を目指します。 第19番札所 立江寺へ 今までのお遍路へ 第1番札所 霊山寺へ 第17番札所 井戸寺へ

続きを読む

四国遍路 第17番札所 井戸寺

16番札所から車で15分ほど行くと四国遍路八十八ヶ所の第17番札所の井戸寺があります。 大師堂 四国遍路へ 高野山へ 一礼して仁王門に入ります。 阿形 吽形 大きなわらじ 井戸寺について 本堂でローソクを立てお線香を3本あげます。 納札、お賽銭の後に合掌礼拝、読経を行います。 大師堂でも本堂と同様に行います。 納経をいただきます。 瑠璃山真福院 真言宗善通寺派 御本尊 七仏薬師如来 パワーダウンして面影の井戸を撮り忘れました。 今回、1泊2日の車遍路といえどもさすがにパワーがいりました。体力が必要です。 各お寺を巡礼していると他のみなさんはスピード遍路であっという間に寺からいなくなってしまいました。 これも時代の流れかもしれません。 来年は18番札所から巡礼を続けたいと思います。 どうもありがとうございました。 第18番札所 恩山寺へ 今までのお遍路へ 第1番札所 霊山寺へ

続きを読む

四国遍路 第16番札所 観音寺

15番札所から車で7分ほど行くと四国遍路八十八ヶ所の第16番札所の観音寺があります。 さすがに1日の疲れが出てきました。車で少し休みます。 四国遍路へ 高野山へ 心を静めてから鐘楼門で一礼して中に入ります。 手水場で身を清めます。 本堂でローソクを立てお線香を3本あげます。 続いて納札、お賽銭の後に合掌礼拝、読経を行います。 大師堂でも本堂と同様に行います。 納経をいただきます。 光耀山千手院 高野山真言宗 御本尊 千手観音菩薩 外国人の歩き遍路の方も次の17番札所を目指していました。 自分だけではない何かを感じます。 第17番札所 井戸寺へ 今までのお遍路へ 第1番札所 霊山寺へ

続きを読む

四国遍路 第15番札所 国分寺

第14番札所から車で5分ほど行くと四国遍路八十八ヶ所の第15番札所の国分寺があります。 四国遍路へ 高野山へ 山門で一礼して中に入ります。 本堂と庭園は残念ながら令和2年3月まで工事中です。 国分寺について 鐘楼 仮本堂でローソクを立てお線香を3本あげます。 納札、お賽銭の後に合掌礼拝、読経を行います。 大師堂でも本堂と同様に行います。 七重塔心礎 納経をいただきます。 薬王山金色院 曹洞宗 御本尊 薬師如来 14番札所で出会った観光バスの方々が来られました。 次の16番札所を目指します。 第16番札所 観音寺へ 今までのお遍路へ 第1番札所 霊山寺へ

続きを読む

四国遍路 第14番札所 常楽寺

13番札所から車で10分ほど行くと四国遍路八十八ヶ所の第14番札所の常楽寺があります。 鐘楼 四国遍路へ 高野山へ この場所で地元のお母さんがここのイチョウはメスで葉が小さいと教えてくれました。 黄色い落ち葉がきれいです。 お参りします。 境内は岩盤の上にあるので、階段も岩盤を削ってあります。 手水場で身を清めます。 流水岩の庭 転びやすく本堂へ歩くのには注意が必要です。 本堂でローソクを立てお線香を3本あげます。 納札、お賽銭の後に合掌礼拝、読経を行います。 続いて大師堂でも本堂と同様に行います。 納経をいただきます。 ネコちゃんたちが・・・。 盛寿山延命院 高野山真言宗 御本尊 弥勒菩薩 ワンちゃんと交代したいのでしょうか・・・。(^-^) 観光バスでの団体さんがお参りに来られました。ザワザワ~ 右端に石柱門の一つがあります。 次の15番札所を目指します。 第15番札所 国分寺へ 今までのお遍路へ 第1番札所 霊山寺へ

続きを読む