高野山 萬燈供養会 ろうそく祭り

お盆に高野山の萬燈供養会に行ってきました。 よければ他の「高野山」へどうぞ。 一の橋から奥の院までろうそくに火を灯しながら歩きいていきます。 ろうそくの光が続いていきます。 頂いたうちわ ありがとうございました。 暑い夏が終わると、いよいよ紅葉が(^^♪ そして冬には雪景色が待っています。(*^-^*) その他の高野山ブログはこちらからどうぞ

続きを読む

高野山開創1200年 祈りの光景2015

高野山総本山金剛峯寺にて「こうやくん」と出会いました。 期間中(平成27年4月2日から5月21日)、多くの扉が開かれており、 普段の高野山では目にすることのできないものを感じることができます。 よければ他の「高野山」へどうぞ。 ようこそ高野山開創1200年記念大法会にお参りくださいました。 金剛峯寺御本尊、弘法大師坐像は16年ぶりのご開帳となります。 金剛峯寺内回廊 中門(このたび172年ぶりに再建)と根本大塔 金堂 薬師如来を本尊とされています。今回初めてのご開帳です。 中では開創記念慶讃法会が行われており、声明が聞こえてきます。 高野山、京都の東寺と並ぶ大師三大霊場のひとつで 四国八十八ヶ所霊場第七十五番 善通寺による法会 御影堂 お大師さまの御影を安置されています。 大塔 胎蔵大日如来を本尊とされています。 愛染堂 愛染明王を本尊とされています。  大会堂  阿弥陀如来を本尊とされています。  霊宝館 高野山に伝えられている貴重な仏画・仏像を見ることができます。   奥の院参道 歴史を重ねてきた巨木がいくつもあります。 ゆっくりと歩きながらいろんなものを感じることができます。 水向地蔵 水を手向け祈ります。 御廟橋を渡ると燈籠堂から声明が聞こえ、その奥には弘法大師御廟が続いています。

続きを読む

なら燈花会2014

なら燈花会に行ってきました。 ろうそくの明かりがきれいです。 天の川のように見えます。 鹿ちゃんの絵が。!(^^)! 浮見堂と鷺池 ボートに乗りながらお月見です。 浴衣を着た方がたくさんいます。 夏の夜のお花見でした。

続きを読む

なら瑠璃絵

なら瑠璃絵に行ってきました。 この日は積もらない雪が夕暮れに舞い降りた夜でした。 植田良太(ピアノ)・藤村竜也(エレキベース) 冬の夜空の心に響く場所でした。

続きを読む

高野山の雪2009

雪の積もる冬の高野山に行ってきました。 今日で阪神大震災から14年目の月日が経ちます。 僧侶の方々の祈りの声が静まり返った伽藍に響き渡ります。 どうか祈りが届きますように・・・。 そしてみんながいのちの重みやきずなの大切さを忘れませんように・・・。 よければ他の「高野山」へどうぞ。

続きを読む

奈良大文字送り火

8月15日、戦没者慰霊と世界平和を祈る送り火です。 遠くからですが、ずっと見ていると、 ゆっくりとした時間の流れにこころが落ち着きます。 108つの煩悩をあらわす火。 「大」の字は宇宙を意味するといわれています。 明日は京都五山の送り火です。

続きを読む

春日大社 中元万燈籠2008

燈籠と月明かり、提灯(ちょうちん)に照らされながらの道のりでした。 こんなに暗い中で参道を歩くのは初めてです。 進めば進むほど暗くなっていきます。 慣れていないので暗闇に対して少し怖さを感じました。 昔の人々もこんなに暗い中歩いたのかなと思うと、 光の大切さを改めて感じます。

続きを読む

東大寺 万燈供養会2008

大仏様に見守られながら供養を行うことができました。 人々の心静かなおだやかな空気につつまれ、なんだかほっとします。 ここはいろんなやさしい光に溢れています。 本当にありがとうございました。

続きを読む

神戸ルミナリエ2007

今年で13回目の神戸ルミナリエ。 震災復興から景色は変化しましたが、 あのときあの場所でみんなが感じた光のぬくもりは こうして今も伝え続けられています。 どうかずっとずっとこれからも続いていきますように。 そして人々の生きる力の心の支えとなりますように。

続きを読む

神戸ルミナリエ2005

人々が行列の中で ルミナリエの写真を撮ろうと 空にかざす携帯の光の数々が まるで人々のこころを灯す ローソクのひかりのように思えました。 阪神大震災 1995年1月17日午前5時46分 死者約5300人、避難者約32万人 あれから11年目の神戸ルミナリエです。

続きを読む