和歌山 花園あじさい園

ここは和歌山県伊都郡かつらぎ町大字花園久木にある花園あじさい園です。 標高1040mの高野龍神スカイライン沿いにあります。 3000株のあじさいが咲いています。 高地にあるので低地より涼しいです。 青色のあじさいのなかにピンク色のあじさいが目を引きます。 200円を払い中へ入ります。 遊歩道を一周します。 青いあじさい 山の斜面に咲く青いあじさい ピンク色のあじさい 密集したあじさい 高地に咲く 真夏のあじさいでした。

続きを読む

高野山の夏2020

さまざまなことがありますが、 高野山にお参りに行ってきました。 矢立茶屋(やたてちゃや) 国道480号を車で進みます。 紀北M-1の看板が新しく立っていました。 駐車場に車を止めて、蛇腹道(じゃばらみち)を歩きます。 とても静かです。 東塔(とうとう) 今回も僧侶の方と出会うことができました。 いつも何かの縁を感じます。 大会堂(だいえどう) 愛染堂(あいぜんどう) 根本大塔(こんぽんだいとう) 本尊は胎蔵大日如来(たいぞうだいにちにょらい) 壇上伽藍(だんじょうがらん) 静けさが心を癒してくれます。 奥之院を目指します。 一の橋 参道の丁石(ちょういし) 根本大塔から奥之院まで36基あります。 紀州初代藩主徳川頼宣 供養塔 武田信玄 供養塔 上杉謙信 供養塔 周防岩国吉川家 供養塔 肥前平戸松浦家 供養塔 伊達政宗 供養塔 御廟橋を渡り、弘法大師さまに会いにいきます。

続きを読む

和歌山 丹生酒殿神社の大銀杏2019(夜編)

丹生酒殿神社の大銀杏(おおいちょう)に会いに行ってきました。 ここは 和歌山県伊都郡かつらぎ町大字三谷にあります。 ここから天野の丹生都比売神社を経て高野山へと続く三谷坂があります。 すごく大きな大きな銀杏です。 イチョウの落ち葉がきれいです。 うわぁ~、と圧倒されます。 ベンチに腰掛けてゆっくりします。 すごいです。 ジブリの音楽が心の中から溢れてきます。 お参りします。 遠くからでも大銀杏が分かります。 ありがとうございました。 丹生酒殿神社の大銀杏(昼編)へ

続きを読む

丹生都比売神社の紅葉2019

和歌山県伊都郡かつらぎ町にある丹生都比売神社(にうつひめじんじゃ)にお参りに行きました。 外鳥居 世界遺産 境内案内図 どうか世界が平和でありますように。 輪橋を渡ります。 紅葉がきれいです。 年々気候の変化を強く感じます。 色とりどりの葉 禊橋を渡ります。 中鳥居 楼門 お参りします。 御祭神 本殿 今年は年号が変わる大きな変化の年でした。 七五三 ありがとうございました。

続きを読む

月夜の橋杭岩と星

月夜の橋杭岩です。 ここは和歌山県東牟婁郡串本町にあります。 星も少し見ることができました。

続きを読む

高野山へ新緑のお参りに行く

高野山にお参りに行くと、秋のような不思議な風景に出会いました。 霊宝館 よければ他の「高野山」へどうぞ。 シャクナゲがきれいに咲いています。 石楠花 苔もきれいです。 不思議な気持ちになります。 なんか別世界です。 英霊殿 花言葉 「荘厳」 参道 進んでいきます。 スズランも咲いていました。 花言葉 「再び幸せが訪れる」

続きを読む

(続)アドベンチャーワールドのなかまたち(前編)

ん? むしゃむしゃ  (レッサーパンダの親子) だれかにゃんか言った? も~、だれかにゃ~? なんだぁ~、パンダのラウママかぁ、にゃ~に? サイヒン寝ちゃったんだけど、お姉ちゃんたちにこの笹おいしいって伝えてって・・・ よっしゃー!わかったぁ、まかせとけ。みんなに伝えてもらうにゃ~、みんなぁ~、 次回のつづき(後編)へ 前回へもどる

続きを読む

和歌山 南紀白浜 白良浜

久しぶりにきれいなきれいな海を見ました。 ここ和歌山県西牟婁郡白浜町にある白良浜です。 白い砂浜ときれいな海水 心が癒されます。 この時期ゆったりと温泉と観光ができます。

続きを読む

アドベンチャーワールドの彩浜に会いに行く

ねぇ、ママ、今日の笹はおいしいね。(^^♪ お姉ちゃんたちにも教えてあげようか?(ラウママ) どうしようかなぁ~(彩浜) う~ん(考え中😔)(彩浜) ~考え中~(彩浜) どっちにするの?(ラウママ) う~ん、よしっ、教えてあげよう。(*^-^*)(彩浜) いけないよぅ がっかり みんなに助けてもらえばいいから・・・(ラウママ) さぁ、元気を出して(ラウママ) うん、わかった。パパは何してるの? (-_-)zzz (永明パパ)  彩浜おやすみなさい、いい夢を見てね。・・・モグモグ(*^-^*)ラウママ 次回へつづく

続きを読む

和歌山城の桜

和歌山県和歌山市にある和歌山城の桜です。 雲のないお天気でした。 岡公園に車を駐車すると蒸気機関車C57119とチンチン電車321号が展示されていました。 岡口門からお城を目指します。 1621年徳川家健造 案内図 門をくぐります。 表坂から天守閣を目指します。 本丸御殿跡から 野面積(のづらづ)みの石垣 天守閣 紀ノ川が和歌山湾へ続いています。 楠門内 おもてなし忍者 二の丸跡から 二の丸広場ではみんな思い思いゆっくりとくつろいでいます。 のどかです。 御橋廊下 ゆったりとしたお城でした。

続きを読む

和歌山 慈尊院と丹生管省符神社の桜

和歌山県伊都郡九度山町にある慈尊院の桜を見に行ってきました。 歴史ある土壁です。 右の道をずっと歩いて行くと高野山に続いています。 慈尊院から高野山町石道を歩くへ 表門 弘法大師さまの母公のお寺として知られています。 多宝塔 枝垂れ桜がきれいです。 慈尊院境内から続く石段を上り丹生官省符神社へお参りします。 この石段の途中に高野山町石道の1町石があります。 二ノ鳥居をくぐると 拝殿にお参りします。 平成もあとわずかとなりました。

続きを読む

西国一番札所 青岸渡寺

ここは和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字那智山にある青岸渡寺です。 西国三十三所巡礼の第一番札所で、神仏習合の修験道である那智山にあります。 如意輪観世音菩薩をご本尊とされています。 明治の神仏分離で青岸渡寺と那智大社に分かれました。 御朱印をいただきました。 ありがとうございました。 「那智大社 那智の樟}へ 「熊野古道 那智の滝」へ 「熊野古道 大門坂」へ

続きを読む

高野山 奥の院の紅葉

高野山 金剛峯寺の紅葉からの続きです。 奥の院の紅葉です。 へいわばし よければ他の「高野山」へどうぞ。 表参道 五輪塔 伊勢神宮の参道を思い出します。 御茶処 嘗試地蔵(あじみじぞう) 大師さまのお食事をチェックするところです。 水向け地蔵 この先の御廟橋を渡ると奥に弘法大師御廟があります。 次回は女人道を歩いて行こうと思います。 つづく・・・

続きを読む

高野山 金剛峯寺の紅葉

高野山 壇上伽藍の紅葉からの続きです。 金剛峯寺 表門 よければ他の「高野山」へどうぞ。 心身を清めます。 大玄関と小玄関 お参りします。 龍 大玄関 心の中でお辞儀をします。 彫刻がスゴイです。 左端の彫刻 正面右側の彫刻 右端の彫刻 会下門 鐘楼堂 高野杉 樹齢何年の木でしょうか。 廊下を進んでいきます。 蟠龍庭 勅使門と奥殿 新書院と阿字観道場 四季の中庭 奥の院へ向かいます。 つづく・・・

続きを読む

丹生都比売神社の睡蓮

和歌山県伊都郡かつらぎ町上天野にある丹生都比売(にうつひめ)神社です。 高野山参詣の前に参拝する習わしがあります。 よければ「高野山」へどうぞ。 鏡池に睡蓮が咲いています。 鏡池と輪橋 ここは「紀伊山地の霊場と参詣道」の世界遺産です。 かつらぎ町コミュニティバス停 新緑がきれいです。 案内図 外鳥居 朱色がきれいです。 輪橋を渡ります。 禊橋と中鳥居 光がきれいです。 丹生都比売大神を祀る神社の総本社 振り返ると山が見えます。 お参りします。 祈祷 本殿 楼門 社務所 こうやくん自販機 アザミ かえるちゃんが 標高450メートルのここ天野の地で田植えが始まっています。

続きを読む

高野山 冬の雪

冬の雪の高野山です。 よければ他の「高野山」へどうぞ。 高野山駅 金剛峯寺 高野山真言宗総本山 金剛峯寺境内 雪積もる石庭 蛇腹道 壇上伽藍 胎蔵曼荼羅の世界を表しているといわれています.。 三昧堂(さんまいどう)(左) 済高(さいこう)座主が建立 堂前には西行法師が植えたとされる桜があります。 東塔(とうとう)(右) 尊勝仏頂尊(そんしょうぶっちょうそん)を本尊とされています。 白川上皇御等身 白河院の御願によって醍醐寺三宝院の勝覚権僧正(しょうかくごんのそうじょう)により建立 大会堂(だいえどう) 阿弥陀如来を本尊とされています。  鳥羽法皇皇女が父帝の追福のために建立 愛染堂(あいぜんどう) 愛染明王を本尊とされています。  後醍醐天皇の御等身といわれています。 不動堂(ふどうどう) 不動明王を本尊とされています。 鳥羽上皇の皇女八条女院の発願により行勝(ぎょうしょう)上人によって建立 鐘楼(左)と御影堂(みえどう)(右) お大師さまの御影を安置されています。 最も重要な聖域です。 三鈷の松(さんこのまつ)(左) お大師さまが唐から投げた三鈷杵(さんこしょ)がかかっていたといわれる松 西塔(さいとう) 金剛界大日如来と胎蔵界四仏が奉安 光考天皇の勅命により、真然僧正がお大師さまの「御図記」に従い建立 御社(みやしろ) 高野山の鎮守 …

続きを読む

紀伊半島 滝の拝から古座川へ

ムンクの叫びのような岩 ここは和歌山県東牟婁郡(ひがしむろぐん)古座川町小川(こかわ)にある滝の拝です。 水がきれいです。 静まり返った中で、ゴォーと音をたてています。 青い空 滝 冷たいっ 清流に足をつけたくなります。 岩を削る水の力 釣りをしている人がいました。 心も晴れ晴れしていきます。(*^^*)

続きを読む

紀伊半島 高池の虫喰岩と牡丹岩

ナウシカやラピュタに出てくるような感じの巨神兵の岩 ここは和歌山県東牟婁郡(ひがしむろぐん)古座川町にあります。 見方を変えると宇宙人のようにも見える岩 自然のちからってすごいです。(゜.゜) 続いて古座川沿いの牡丹岩へ またまた何かに見えます。 ハウルの動く城の一部みたいな・・・ 牡丹の花のような形から牡丹岩と呼ばれています。 つづく

続きを読む

紀伊半島 田原海水浴場

ここは和歌山県東牟婁郡(ひがしむろぐん)串本町田原にある海水浴場です。 海の色がエメラルド きれいな砂浜 おだやかな波の音 のんびりゆっくりできます。

続きを読む

紀伊半島 橋杭岩2016

海が見たくて橋杭岩に行ってきました。 ここは和歌山県東牟婁郡(ひがしむろぐん)串本町にあります。 朝日がきれいです。 引き潮には歩いていくことができます。 よく見るとお魚ちゃんが・・・(*^^*)

続きを読む

奥和歌の浦 灘の浜と雑賀崎灯台

ここは和歌山県雑賀崎にある灘の浜です。 向う(右真ん中)に淡路島が見えています。 左の島は大島(男島)です。 左から淡路島、友ヶ島、加太、トンガの鼻 大島の左の島は中之島(女島) 奥和歌の浦 雑賀崎灯台 向うには有田市の地ノ島、沖ノ島が見えます。 船が勢いよく駆け抜けていきます。 雑賀崎灯台目指して歩いていきます。 潮の香りが 灯台に着きました。 左から中之島、大島、番所庭園が見えます。 気持ちのいい眺めです。 雑賀崎灯台

続きを読む

熊野古道中辺路~近露王子から継桜王子~

熊野古道を歩いてきました。 牛馬童子口バス停からスタートします。 新緑がきれいです。 上の道へ進みます。 木の根が大きいです。 牛馬童子像(手前左)と役行者像(手前右) 八大龍王像 宝筐印塔 近露の里 日置川 近露王子 近露王子バス停 山形屋 江戸時代後期の建物で昭和50年頃まで旅館として営業 こいのぼり 案内図 近野小学校 竹 石仏 野中地区 比曽原王子跡 継桜王子社 一方杉 とがの木茶屋 野中の清水

続きを読む

瀞峡 瀞八丁 瀞ホテル

奈良県吉野郡十津川村神下405 食堂 喫茶 ウォータージェット船 田戸乗船場より かつて吊り橋でつながっていた和歌山県側の宿泊施設。 正面玄関 企画展を行っています。 北山川 1F B1F 2F ウォータージェット船は熊野川の志古へ戻ります。 国道169号線の険しい道を進みます。 3つの県の境界線付近にあります。

続きを読む

高野山開創1200年 祈りの光景2015

高野山総本山金剛峯寺にて「こうやくん」と出会いました。 期間中(平成27年4月2日から5月21日)、多くの扉が開かれており、 普段の高野山では目にすることのできないものを感じることができます。 よければ他の「高野山」へどうぞ。 ようこそ高野山開創1200年記念大法会にお参りくださいました。 金剛峯寺御本尊、弘法大師坐像は16年ぶりのご開帳となります。 金剛峯寺内回廊 中門(このたび172年ぶりに再建)と根本大塔 金堂 薬師如来を本尊とされています。今回初めてのご開帳です。 中では開創記念慶讃法会が行われており、声明が聞こえてきます。 高野山、京都の東寺と並ぶ大師三大霊場のひとつで 四国八十八ヶ所霊場第七十五番 善通寺による法会 御影堂 お大師さまの御影を安置されています。 大塔 胎蔵大日如来を本尊とされています。 愛染堂 愛染明王を本尊とされています。  大会堂  阿弥陀如来を本尊とされています。  霊宝館 高野山に伝えられている貴重な仏画・仏像を見ることができます。   奥の院参道 歴史を重ねてきた巨木がいくつもあります。 ゆっくりと歩きながらいろんなものを感じることができます。 水向地蔵 水を手向け祈ります。 御廟橋を渡ると燈籠堂から声明が聞こえ、その奥には弘法大師御廟が続いています。

続きを読む