須佐神社

ここは島根県出雲市佐田町須佐にある須佐神社です。 須佐之男命(すさのうのみこと)の御魂を祀る神社で、祭神はほかに稲田比売命(いなたひめのみこと)、足摩槌命(あしなづちのみこと)、手摩槌命(てなづちのみこと)とヤマタノオロチ退治に登場する四神が祀られています。 「風土記」や「延喜式」でも確認できる古社です。 西末社 樹齢1300年ほどと推定される大杉と御本殿 幹周りは6m、樹高は24m やはりすごいパワーを感じます。 三穂社

続きを読む

旧大社駅 D51形・774号機関車

ここは旧大社駅です。 汽車の右奥に出雲大社の一の鳥居が見えます。 明治45(1912)年6月1日開業、平成2(1990)年3月31日大社線路線廃止 かつてここから多くの人が縁結びを願い出雲大社へ参詣していました。 中央待合室 運賃表 時刻表 観光案内所 精算所 改札口 長いホームの先には出雲大社の一の鳥居が見えます。 かつてここから多くの人々が出雲大社に参詣していました。 名所案内 木製の枕木 D51形・774号 神社様式を取り入れた格調ある純日本風の木造建築 東京駅、門司港駅とともに国内で3つしかないの重要文化財の駅です。

続きを読む

一畑電車 出雲大社前駅 デハニ50形・52号車

一畑電車の出雲大社前駅に日本最古級の電車があります。 デハニ50形・52号車 手動扉 荷物室付き木製の車体 1928年から1929年に合計4両製造のうち2両が現存 もう1両の53号は雲州平田駅構内にて体験運転用の車両として活躍中 出雲大社前駅

続きを読む

日御碕灯台

ここは島根県出雲市大社町日御碕にある日御碕(ひのみさき)灯台です。 地震に耐えるため外壁が石造り、内壁がレンガ造りの日本独特の2重構造となっています。 高さ日本一(地上から43.65M)の灯台で全国3000基以上ある灯台の中の唯一登れる灯台15基のうちの1基です。 光源の1等レンズは全国に6ヶ所しかない貴重なものです。 20秒で1回転し、海から見ると白い光2回、赤い光1回になります。 大きなレンズを回すために水銀320kgの容器の上に浮かべ回転させています。 灯台に登ったてっぺんから見える景色

続きを読む

出雲大社

島根県出雲市大社町にある出雲大社にお参りに行ってきました。(拝殿) 大国主大神が日本海の荒波から現れた「幸魂奇魂(さきみたまくしみたま)」を授けられ 結びの神となられた神話の場面 左から鶴山、八雲山、亀山が見えます。 八足門の奥には楼門、そして御本殿があります。 八足門 地面にはかつて巨大な大社を支えていた柱の跡があります。 二礼四拍手一礼 八岐大蛇(やまたのおろち)退治で有名な大国主大神の父神である 素戔鳴尊(すさのうのみこと)が祀られています。 彰古館  出雲大社に伝わる各種資料が陳列されています。 御守所 十九社 旧暦の10月に全国の神様が宿泊する場所  ゆえに出雲ではその時期を神無月ではなく神在月という 神楽殿 大注連縄(おおしめなわ) 大国主大神(だいこく様)が白うさぎを助けた神話「イナバの白うさぎ」の場面

続きを読む

稲佐の浜

島根県出雲市大社町杵築北稲佐にある稲佐の浜です。 旧暦10月の神無月に八百万(やおよろず)の神々をお迎えする神話の浜です。 ゆえに出雲ではその時期を神無月ではなく神在月といいます。

続きを読む

キララビーチ

島根県出雲市多伎町多岐にあるキララビーチです。 エメラルド色の日本海を見ることができます。 もちろん海水浴もできます。 道の駅キララ多岐は素敵な場所です。 ヨットが見えます。 風の強い場所でもあります。 浅瀬まで歩けます。

続きを読む

足立美術館の庭園

島根県安来市古川町にある美術館の庭園です。 枯山水庭 池には立派な鯉が泳いでいます。 池庭 美しい日本庭園です。 白砂青松庭

続きを読む