西国一番札所 青岸渡寺

ここは和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字那智山にある青岸渡寺です。 西国三十三所巡礼の第一番札所で、神仏習合の修験道である那智山にあります。 如意輪観世音菩薩をご本尊とされています。 明治の神仏分離で青岸渡寺と那智大社に分かれました。 御朱印をいただきました。 ありがとうございました。 「那智大社 那智の樟}へ 「熊野古道 那智の滝」へ 「熊野古道 大門坂」へ

続きを読む

熊野古道中辺路~近露王子から継桜王子~

熊野古道を歩いてきました。 牛馬童子口バス停からスタートします。 新緑がきれいです。 上の道へ進みます。 木の根が大きいです。 牛馬童子像(手前左)と役行者像(手前右) 八大龍王像 宝筐印塔 近露の里 日置川 近露王子 近露王子バス停 山形屋 江戸時代後期の建物で昭和50年頃まで旅館として営業 こいのぼり 案内図 近野小学校 竹 石仏 野中地区 比曽原王子跡 継桜王子社 一方杉 とがの木茶屋 野中の清水

続きを読む

玉置神社の大杉

奈良県吉野郡十津川村の玉置神社にある県随一の大杉です。 幹周り10.5メートルあり、 右側のふつうに大きな杉の木が小さく見えてしまいます。 玉置神社は熊野三山の奥院と称せられ霊場として栄えてきました。 境内は永らく聖域として伐採が禁じられてきました。 そのおかげで杉の巨樹林が今も残っています。 すごい根の大きさです。 御本殿 左から神輿殿、神武社、若宮社 夫婦杉 幹周り9メートル  神代(じんだい)杉 幹周り8.5メートル 樹齢3000年 目に見えないちからが心と体を癒します。 玉置神社は熊野から吉野に至る修験道である大峯奥駈道の極めて重要な聖地として 世界遺産となっている場所です。 標高1076メートルの玉置山の山頂近くにあります。

続きを読む

熊野本宮と大斎原(おおゆのはら)

和歌山県田辺市本宮町にある大斎原(おおゆのはら)です。 高さ33.9m、横42mで日本一高い大鳥居です。 熊野本宮大社 七夕の人々の願いや祈り 階段を上がっていきます 熊野牛王神符 熊野の奥深い山々の中にあります。 熊野川

続きを読む

熊野古道 伊勢路 七里御浜

長く険しい道のりを歩き、たどり着いた風景にひとはなにを思うのでしょうか。 自然の中でひとが生きていることを実感させられます。 本当にきれいな海岸です。

続きを読む

熊野古道 中辺路の笹百合

熊野本宮大社へ向けて、 発心門王子から水呑王子へ歩く道の途中に 1本のササユリの花が咲いていました。 ほっと、旅の疲れがひととき癒されます。 道は続いていきます・・・。

続きを読む

那智大社 那智の樟

樹齢およそ800年の樟(くす)の木です。 そこに立つと大きな力に抱かれているような気がします。 ここは和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山にあります。 ありがとうございました。 「西国一番札所 青岸渡寺」へ 「熊野古道 那智の滝」へ 「熊野古道 大門坂」へ

続きを読む

熊野古道 那智の滝

風で刻々と滝の流れが変わり、 さまざまな表情を感じることができます。 鳥居をくぐり階段を下るにつれ、滝の全貌と出会えたときの喜びは 忘れることができません。 風で滝の流れが右側に寄っています。 落差123m、まさに日本一の名瀑です。 ここは和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山にあります。 熊野詣の印 烏牛王神符 「那智の滝 2014」へ 「那智大社 那智の樟}へ 「熊野古道 大門坂」へ

続きを読む

熊野古道 大門坂

熊野古道の大門坂を歩いてみました。 道路横の無料駐車場に車を停めて出発です。 雲が流れ星のようにお山に降り注いでいます。 夫婦杉 樹齢約600年 幹周り約8.5m 樹高約55m 多富気王子跡 熊野九十九王子の最終王子社 楠大樹 樹齢800年 267段 約600mを巨木に囲まれながら進んでいきます。 サルノコシカケ 「那智大社 那智の樟}へ 「熊野古道 那智の滝」へ

続きを読む