和歌山 丹生酒殿神社の大銀杏2019(夜編)

丹生酒殿神社の大銀杏(おおいちょう)に会いに行ってきました。 ここは 和歌山県伊都郡かつらぎ町大字三谷にあります。 ここから天野の丹生都比売神社を経て高野山へと続く三谷坂があります。 すごく大きな大きな銀杏です。 イチョウの落ち葉がきれいです。 うわぁ~、と圧倒されます。 ベンチに腰掛けてゆっくりします。 すごいです。 ジブリの音楽が心の中から溢れてきます。 お参りします。 遠くからでも大銀杏が分かります。 ありがとうございました。 丹生酒殿神社の大銀杏(昼編)へ

続きを読む

丹生都比売神社の紅葉2019

和歌山県伊都郡かつらぎ町にある丹生都比売神社(にうつひめじんじゃ)にお参りに行きました。 外鳥居 世界遺産 境内案内図 どうか世界が平和でありますように。 輪橋を渡ります。 紅葉がきれいです。 年々気候の変化を強く感じます。 色とりどりの葉 禊橋を渡ります。 中鳥居 楼門 お参りします。 御祭神 本殿 今年は年号が変わる大きな変化の年でした。 七五三 ありがとうございました。

続きを読む

奈良 春日大社2019

色々悩み事があり、春日大社にお参りに行ってきました。 神紋の藤の紋様  南門と南廻廊 東廻廊 長い参道を経て廻廊をゆっくり歩いて進んでいると、 次第に心が晴れていくのを感じます。 朱の色とはすごいものです。 中門と御廊 たくさんの釣燈籠 大杉と林檎の庭 手を合わせお願い事をします。 鹿は神の使いとして保護されています。 捻廊と風宮神社 南門と石燈籠 榎本神社 鹿ちゃん、ありがとうございました。

続きを読む

奥高野 立里荒神社の紅葉と雲海

奥高野(おくこうや) 立里荒神社(たてりこうじんしゃ)の紅葉と雲海です。 よければ「高野山」へどうぞ。 ここは奈良県吉野郡野迫川村(のせがわむら)にある日本三荒神のひとつです。 1260mの荒神ヶ岳山頂にお社があります。 神社の方に「ようおまいり」と温かいお声をかけていただきました。 身を清めます。 登っていきます。 阿形 吽形 祈祷殿 鳥居を進んでいきます。 少しづつ荒神ヶ岳山頂へ登っていきます。 五社神社 朝光が迎えてくれます。 手を合わせてお参りします。 阿形 吽形 三宝大荒神略縁起 弘法大師さまが高野山の壇上伽藍の鬼門に荒神社を勧請しました。 雲海が見えます。 左から龍の顔が覗いています。 龍の一部みたいな雲が・・・。 山の秋が深まっています。 右上から龍が・・・。 きれいです。 野迫川村のことをもう少し知りたいので次回進んでみます。

続きを読む

和歌山 熊野速玉大社と神倉神社

ここは熊野詣、 熊野三山のひとつ熊野速玉大社です。 和歌山県新宮市新宮にあります。 八咫烏神社 梛の大樹 「千早ふる 熊野の宮のなぎの葉を 変わらぬ千代のためしにぞ折る」 藤原定家 幹周り6m、樹高20m お参りします。 熊野牛王符をいただきました。 続いて少し歩きますが、パワースポットで有名な神倉神社へお参りします。 毎年2月6日のお燈まつりでこの急な石段を上にある熊野三神元宮から駆け下ります。 石段を登っていきます。 上には御神体のゴトビキ岩があります。 ここは和歌山県新宮市神倉にあります。 ありがとうございました。 「熊野本宮大社と大斎場」へ 「那智大社 那智の樟」へ

続きを読む

奈良 手向山八幡宮の紅葉

手向山(たむけやま)八幡宮に行ってきました。 ここは奈良県奈良市雑司町(ぞうしちょう)の東大寺境内にあります。 東大寺の鎮守社 歴史を感じる神社です。 大きなイチョウの木 ひと休みひと休み 向うにはきれいな紅葉が 神秘的な気持ちになり手を合わせます。 時代を感じさせるすごい神社でした。

続きを読む

伊勢志摩 猿田彦神社

三重県伊勢市宇治浦田にある猿田彦神社です。 みちひらきの神様である猿田彦大神をお祀りしています。 手水舎 子宝池の鯉 方位を示す八角形の鳥居 たから石 古殿地 方位石 本殿 御神田 よい方向へ導いてくれます。

続きを読む

伊勢志摩 伊雑宮と御神田

三重県志摩市磯部町上之郷にある伊雑宮(いざわのみや)の御料田です。 ここは伊勢神宮で神様にささげられるお米が作られており 日本三大御田植祭が行われる磯部の御神田(おみた)として知られています。 伊雑宮の鳥居から 参道へ入ります。 めずらしい巾着楠 参道の木が大切にそのまま残されています。 古殿地 ここは伊勢神宮内宮の別宮で遙宮(とおのみや)と呼ばれ 天照大御神の御魂をお祀りしています。

続きを読む

淡路島 伊弉諾神宮

ここは兵庫県淡路市多賀にある伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)です。 よく見るとねこちゃんが・・・(*'▽') 夫婦大楠 樹齢およそ900年 力強さを感じます。 神輿庫 神輿 拝殿 太鼓の音とともに 神池 陽の道しるべ さざれ石 国歌 大鳥居 (1995年1月17日 阪神・淡路大震災で鳥居が倒壊するなど大きな被害を受けましたが、同年11月に鳥居再建。) 熊本地震・東日本大震災の復興をお祈りいたします。

続きを読む

伏見稲荷大社の鳥居と稲荷山

京都府京都市伏見区にある伏見稲荷大社です。 これからの秋の訪れが楽しみです。 表参道 楼門と鳥居 本殿と外拝殿 本殿 案内図 熊鷹社より上にあるの稲荷山(233m)を目指していきます。 千本鳥居 奥社奉拝所 熊鷹社のほうへ進みます。 三ツ辻のほうへ進みます。 四ツ辻までもうすぐです。 三ノ峰方向に進みます。 下ノ社 一ノ峰を目指します。 上ノ社 ここが稲荷山の頂上です。 四ツ辻にて

続きを読む

須佐神社

ここは島根県出雲市佐田町須佐にある須佐神社です。 須佐之男命(すさのうのみこと)の御魂を祀る神社で、祭神はほかに稲田比売命(いなたひめのみこと)、足摩槌命(あしなづちのみこと)、手摩槌命(てなづちのみこと)とヤマタノオロチ退治に登場する四神が祀られています。 「風土記」や「延喜式」でも確認できる古社です。 西末社 樹齢1300年ほどと推定される大杉と御本殿 幹周りは6m、樹高は24m やはりすごいパワーを感じます。 三穂社

続きを読む

日牟禮八幡宮と八幡山の紫陽花

滋賀県近江八幡市の八幡山に登ると紫陽花に出会うことができました。 てんとう虫ちゃんにも ふぅ~、ひと休みひと休み・・・(=^・^=) 八幡宮の入り口です。 鳥居をくぐると八幡堀があります。 時代劇の撮影などでよく使われるそうです。 たねやさんを通ります。 立派な木です。 神社に入っていきます。 参道の途中から八幡山へ登っていきます。 今回は八幡山まで。 日牟禮(ひむれ)八幡宮が見えます。 石仏がありました。 左へ進んでいきます。 分岐点に来ました。まっすぐに進みます。 岩場に変わりました。 時折ロープウェイの音が聞こえます。 左へ進みます。 ここをくぐるともうすぐ山頂です。 やがてロープウェイ山頂を横切って進んでいくと 豊臣秀次築城の八幡城跡の石垣が 西の丸跡へ進む途中で紫陽花にも出会いました。 青色が涼しさを感じさせてくれます。(#^.^#) 西の丸跡に着くと左から岡山、あやめ浜、琵琶湖、比良山系が見えます。 さらに姨綺耶山(いきややま)には西国三十三所31番札所の長命寺が見えます。(写真中央) そして北の丸跡に移ると左から西の湖、安土城跡、繖山(きぬがさやま)、 西国三十三所第32番札所の観音正寺が見えます。 帰りはロープウェイを利用しました。 降りるとすぐに日牟禮八幡…

続きを読む

白鬚(しらひげ)神社の朝景

滋賀県高島市鵜川にある白鬚(しらひげ)神社です。 鳥居の鳥も朝日を待っているようです。 日の出になりました。 鳥も飛び立ちました。 日が昇るのは早いものです。 舟がきました。 朝日を見て何を思うのでしょうか。 ここは近江の厳島と呼ばれています。 全国にある白鬚神社の総本社とされ、近江最古の大社です。 朝日がまぶしくきれいです。

続きを読む

玉置神社の大杉

奈良県吉野郡十津川村の玉置神社にある県随一の大杉です。 幹周り10.5メートルあり、 右側のふつうに大きな杉の木が小さく見えてしまいます。 玉置神社は熊野三山の奥院と称せられ霊場として栄えてきました。 境内は永らく聖域として伐採が禁じられてきました。 そのおかげで杉の巨樹林が今も残っています。 すごい根の大きさです。 御本殿 左から神輿殿、神武社、若宮社 夫婦杉 幹周り9メートル  神代(じんだい)杉 幹周り8.5メートル 樹齢3000年 目に見えないちからが心と体を癒します。 玉置神社は熊野から吉野に至る修験道である大峯奥駈道の極めて重要な聖地として 世界遺産となっている場所です。 標高1076メートルの玉置山の山頂近くにあります。

続きを読む

熊野本宮と大斎原(おおゆのはら)

和歌山県田辺市本宮町にある大斎原(おおゆのはら)です。 高さ33.9m、横42mで日本一高い大鳥居です。 熊野本宮大社 七夕の人々の願いや祈り 階段を上がっていきます 熊野牛王神符 熊野の奥深い山々の中にあります。 熊野川

続きを読む

山の辺の道(奈良県天理市 石上神宮から長岳寺まで)

山の辺の道を石上神宮から長岳寺まで歩いてきました。 ここ長岳寺は奈良県天理市にあり、境内にはつつじとかきつばたが咲いていました。 石上神宮 大鳥居  日本最古の神社の一つです。 石上神宮 手水所  ニワトリのお出迎えがありました。 石上神宮 廻廊 石上神宮 楼門 石上神宮 拝殿 ニワトリのお見送りです。 境内の鏡池のほとりにはつつじが咲いていました。 長岳寺目指して出発です。 山の辺の道〈日本最古の道) 案内図 内山永久寺跡 東大寺、興福寺、法隆寺に継ぐ寺領を有していましたが、 明治の廃仏毀釈にて廃寺となり、いまでは池を残すのみとなっています。 涼しげに水が流れていました。 東海自然歩道 夜都伎(やとぎ)神社 春日の四神を祀る もうすぐ中間地点です。 二上山が見えます。 のどかな道が続きます。 おいしそうないちごです。 ねこちゃん登場!! 一緒に山の辺の道を歩きます。 さっそうと歩いています。 タンポポのわたぼうし 大和古墳群 案内 萱生(かよう)環濠集落の池には金魚が泳いでいました。 西山塚古墳 案内 西山塚古墳 土塀が歴史を感じます。 柿本人麻呂 万葉歌碑 引き手の山(龍王山)に妻の屍を葬っておいて 山路を帰ってくると悲しくて生きた心地もしない 長岳寺のつつじが見えてきました。 大門前の古木 大門 …

続きを読む

談山神社の秋

奈良県桜井市多武峰(とうのみね)にある談山神社です。 十三重塔の紅葉がきれいです。 いろんな色に溢れています。 反りもきれいです。 真っ赤な紅葉にも出会えました。

続きを読む